シンガポールのカジノ開発

シンガポール・プールズやシンガポールターフクラブのようないくつかの公認の建物を除いて、長い間、シンガポールにおいて、ギャンブルは違法でした。予想外に長い公聴議論の後、シンガポールは2006年にカジノ産業を合法化しました。当時、ライオンシティは、多数の宿泊設備、エンターテイメント、食事、余暇、そして国内外の客を誘うその他のオプションを特徴とする、2つのギャンブル施設を支持すると決議し、シンガポール政府は、ギャンブルに限定しない、総合的なカジノリゾート施設の設立を強調し、より多くの観光客を誘う手段としての施設の設立を望みました。シンガポールの首相は、シンガポールをニューヨーク、ロンドンおよびバリのような魅力のある都市にする意向を示しました。シンガポールにおけるカジノ・ギャンブルの合法化は、2つの認定統合リゾート設立における長く入念なプロセスの第一歩で、違法活動の犠牲に陥ることを防ぎ、機能的で有益なギャンブル産業を構築するよう、シンガポール政府は、立地および最適な運営企業の選択に際し、十分考慮しました。