シンガポールのカジノ建設

シンガポールの統合リゾートのオープンまで約4年もの歳月を要しました。当時、Harrah’s Entertainment(ハラ―ズ エンターテインメント)およびMGM ミラージュは、ゲームライセンス、およびマリーナベイサンズがその後設立された区域の入札者でした。ラスべガスのカジノシーンの最大プレーヤーであった両社は、シンガポール政府と連結した企業と協働する意向でした。Kerzner Internationalは、セントーサ区域の競合一社で、政府連結企業のジョイント・プロジェクトを提案しました。シンガポール議員が2つのカジノライセンスを保有者に付与する前に、最低一被認可者が行政に関与していると予測されましたが、当局はその予測を否定しました。シェルドン・アデルソン率いる、ラスべガス・サンズは、最初のカジノライセンスを獲得し、当時、世界で最も高価なカジノリゾートの建設を認可されました。開発業者は、同リゾートの建設におよそ57億ドルを出資しました。