シンガポールのカジノ産業

経済成長の減速と旅行者数の減少にもかかわらず、シンガポールのカジノゲーム部門の展望は今年は安定と予測されています。インドネシアのルピア安、および地域の経済成長の緩さにより、所得が安定水準に達すると予測し、マリーナベイサンズ(MBS)およびリゾーツワールド セント―サ(RWS) の総収益は、今年およそ10パーセント減少し、来年滞る可能性が高いと専門家は見ています。現在、マリーナベイサンズ(MBS)の市場占有率は国内最高で、理想的な立地条件を有し、高級カジノと同義のブランドを確立しました。金融街付近のマリーナベイサンズ(MBS)は、昨年の第1四半期の49パーセントから今年第3四半期には62パーセントに市場占有率を増加させました。地元住民間のギャンブル問題の増加、および観光旅行者数の減少が予測されていることにより、前述の2つのカジノの占有期間の差し迫った期限にもかかわらず、政府が新しいカジノ建設のライセンスを与える見通しはなく、複占的市場が続行すると予想されています。マリーナベイサンズ(MBS)およびリゾーツワールド セント―サ(RWS)を正式に許可後、シンガポール共和国は、2007年に新しいカジノライセンスに関する10年の支払猶予令を出しました。これらのライセンスに関する支払い猶予令が2017年に満期を迎え、追加のカジノライセンスを提供する計画はないと報告されています。