マカオのギャンブル産業独占時代

1877年に、政府は、課税ギャンブルへ移行し、ファンタン(fantan)を免税のゲームとし、産業を支配しようとする最高入札企業は、財務省に納税する必要がありました。この時期から、納税ギャンブル運営企業は、マカオ政府の主要な収入源になりました。次に独占ギャンブルの対象となったのは、競馬でした。1842年以降レースは存在し、1927年に 独占企業Club Internacional de Recreio e Corridas de Macau Limitadaは、最初のレースを開きました。まもなく、1932年に、中国人と米国人のグループによりドッグレースが運営され、のちにMacau Canine Clubが発足しました。1910年代にルーレットクラブが導入し、マカオにおいて、ギャンブルは合法的である一方、これらのクラブは、政府の課税対象ギャンブルの競合となり、緊張関係をもたらしました。20年にわたって、利権保持者と警察からの圧力のために、閉鎖したルーレットクラブもありました。ギャンブルがすべて独占になった1934年に、問題は解決しました。1937年の日中戦争は、ギャンブルの減退を引き起こしました。即座の資金を確保するため、カジノの利権はタイ・ヘン社に付与され、同社は1936年3月から1962年3月までマカオのギャンブルを支配しました。この時代に、ホテル・セントラルの新しいカジノは、マカオで最も人気を博しました。1949年に中国本土がギャンブルを禁止後、ビジネスは急上昇し、タイ・ヘン社は、バカラやブールなどの西洋のゲームを提供するようになりました。競馬およびドッグレースは第二次世界大戦の影響を受け、完全に停止しました。1961年2月に、マカオは永久のゲーム地域となり、ゲームと観光をその主要な経済活動とする低税地になりました。